派遣で秘書になろう!勤務先や仕事内容とは

2016年04月24日派遣で秘書になろう!勤務先や仕事内容とは はコメントを受け付けていません。

秘書ってこんなお仕事

秘書とは、企業の社長や役員、また専門職のサポート役として働く職業です。対象は庶務のほとんどすべてで、たとえば社内外との連絡や対応、書類作成、資料収集、スケジュール管理などです。また、会議や接待の裏方をしたり、実際に臨席することもあります。経理作業や、来客対応をすることもあります。また秘書には、秘書室などでチームの一員として働くグループ秘書と、直接個人につく個人秘書との2種類があります。前者は一般企業に多く、後者は専門職や外資系企業に多いです。

秘書の勤務先はどこ?

秘書を必要としているのは、たとえば一般企業や外資系企業です。この場合、社長や役員のサポートをします。また大学や研究所、病院などで先生のサポートをしたり、法律事務所や税務署、議員事務所や大使館などさまざまな場面があります。就職先によっては、残業や休日出勤がある場合があるため、確認が必要です。どの就業先でも、業界の最前線に立って様々な知識を得られるため、とてもやりがいのある仕事だといえます。また、コミュニケーションスキルやビジネスマナーなど、社会人として必須の能力が向上します。

秘書になるには、どうすれば良い?

職探しとスキルアップの2つを並行しましょう。秘書業務を請け負うのは、人材派遣会社であることが多いです。派遣会社に登録して、自分の希望を伝えてみましょう。また、ハローワークや転職サイトでも募集がかかることがあります。それと同時に、就職に有利なスキルを積んでおきましょう。たとえば秘書技能検定や実用マナー検定を受けたり、外国語のスキルアップでTOEICやTOEFLを受けてみると、自分の脳力を充分にアピールできるためおすすめです。

秘書の派遣のお仕事は役員や管理職の個人や部署のスケジュール管理や調整など業務の範囲は幅広く、高いスキルが求められます。