社員研修!会社が自分を見るだけでなく、自分も会社を見よう

2016年12月24日社員研修!会社が自分を見るだけでなく、自分も会社を見よう はコメントを受け付けていません。

社員研修の大きな意味

新入社員が会社に入社してから最初にやる行事は、新入社員研修です。会社が新入社員の人間性を見える上で、必ず必要になってきます。それと同時に会社を新入社員に知ってもらう、そして社会人としての自覚をつけてもらうと言う事ですね。逆に新入社員の方も会社をよく知るチャンスです。どういう同僚がいるのか、どんな上司がいるのか。色々と知るべき事は多いのでしっかり向き合って社会人としての第一歩を踏み出していきましょう。

変わった社員研修メニュー!

新入社員の研修は様々な会社が工夫をして色々な研修を実施しています。その中で変わった社員研修をする会社もあります。例えば、社員研修で山登りをする。これは親友社員の体力面、精神面を見ると言う事でしょう。途中ですぐに諦めてしまうようであれば、仕事で困難にぶつかた時にすぐに逃げ出してしまうでしょう。また、ある車販売会社は子供連れのお客様が多い事から、保育園や幼稚園で研修をするそうです。内容はおむつを替えたり、遊んであげたりするそうです。会社側も色んな角度から社員を見ているので真剣に向かい合っていきましょう。

社員研修で同期の絆を深めよう

社員研修は、会社が社員の人間性を見る、そして新入社員が会社を見ると言うのが基本ですが、それ以外にも、これから長く付き合っていくであろう同期の絆も深めれる大きなチャンスです。自分の同期がどんな人達なのか、それをしっかり見るのも重要となってきます。そこから絆が生まれ、大きな力に、そして成長へとつながっていきます。同期は、いいライバルでもあるし、仲間です。信頼できる同期を作る第一歩でもあるので真剣に向き合っていきましょう。

社員研修は、社員1人1人のレベルアップの為には、絶対に必要なものです。また、会社全体の底上げにも繋がるので、極めて重要です。